膣カンジダ症の治療には乳酸菌サプリが効く?

乳酸菌サプリがカンジダの治療に乳酸菌サプリ効果があるというのは本当でしょうか。膣カンジダの原因菌はカンジダをいうカビの一種です。女性のデリケートゾーンや腸内に常在する菌で、普段は善玉菌に抑えられてからだの中でおとなしくしています。カビは湿り気があって温かい場所を好みますが、ストレスや疲れ、妊娠、病気で抗生物質を服用しているなど体の免疫力が低下すると繁殖し、かゆみやおりものなどの不快な症状となって現れます。膣カンジダは再発しやすい病気と言われており、診察を受けるのが恥ずかしいからなどの理由により適切な治療を受けずにいると長引いたり、一旦症状が落ち着いても繰り返すのが特徴です。したがって初期の段階での治療が大切になります。また、性行為によってうつる可能性があり、せっかく治療してもピンポン感染によって再発することもあるので注意が必要です。
女性の膣内はデーデルライン桿菌という乳酸菌の働きにより酸性に保たれていますが、免疫力が弱まるとデーデルライン桿菌の働きも弱まりカンジダ菌が繁殖します。よって、乳酸菌を摂ることは腸内の善玉菌を活発にしたり増やす手助けとなり、膣カンジダの治療にも有効とも言え、実際にヨーグルトの摂取を勧める医師もいるようです。もっと手軽に乳酸菌を摂る手段のひとつが乳酸菌サプリを飲む方法です。乳酸菌サプリの良いところは外出先にも持参でき飲み忘れを防げることです。乳酸菌サプリを活用し体内の乳酸菌を増やすことで、カンジダ菌の繁殖を防ぎ治療に役立てましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.